継続できない備忘録

ブログが続かない人間が書く備忘録です。

人生のスポットライトについて

人生は有限。そうやって歌いだす私の楽曲「人生のスポットライト」人生は限りがある。と、最初に銘打ってしまう。別にやさぐれてるわけでもメンヘラなわけでもヤンデレなわけでもない。(使ってみたかったのこの辺の若者カタカナワード)人は、どんな時でもスポットライトが当たっていると想定し、言葉を紡いだ一曲。

ー覚悟決めたら、もう怖くないわ。折れた時が勝負ー

七転び八起きとはよく言ったもので、人間はそんな簡単にへこたれない生き物に神様がしてくれている。だから、諦めなければどうにかこうにか生きてはいけるのだ。

そんな図太さで生き続ける私。友人たちには鉄の心臓などと失礼なことを言われることもしばしば。

そして、この楽曲は最後にこう結ぶ。

「結局、私の敵は私。人生一度きり楽しむだけ。」

言葉の通りなのだ。命ある限り、燃やし続ける。つまづいたり転んだりした時、足を引っ張るのは他人様ではなく自分なのだと思うのだ。

この曲はメロディーが出てた時から、大所帯で管楽器を入れた編成でいつかやりたいな。とそう思っていた。そうしたら、叶った。感謝です、我が師匠。

小編成でピアノトリオとかとする時ならまた違ったアレンジ書かないといけないなとも思ってるんですけどね。

でも、この曲のリズムは絶対にスウィング。これだけは譲れない。

 

そんな私の灰汁がたっぷり詰まった一曲。

一度、聴いてみてくださいまし。

 


人生のスポットライト(FULL)